[PR] 競馬 Get the License 資格を取ろう!: 消防関係資格
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 資格ブログ 資格取得ガイドへ にほんブログ村 資格ブログ 趣味目的へ にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

2008年07月09日

消防設備点検資格者、可搬消防ポンプ等整備資格者、防火対象物点検資格者 - 国家資格 講習で取得できる資格 -

 

- 国家資格 講習で取得できる資格 -

  • 消防設備点検資格者
  • 可搬消防ポンプ等整備資格者
  • 防火対象物点検資格者

費用は33,000〜

財団法人 日本消防設備安全センター
http://www.fesc.or.jp/index.html

特に人命危険度の高い一定の防火対象物に設置されている消防用設備等及び特殊消防用設備等については、 消防設備士又は消防設備点検資格者に点検させなければなりません。

 

1. 講習の内容
(1) 講習は、第1種と第2種に区分して、それぞれ3日間実施されます。
(2) 講習科目と時間割は、次表のとおりです。
(3) 講習終了後、2時間の修了考査が行われます。

 

  • 再講習
    資格者免状(以下「免状」という。)の交付を受けた日から5年以内の期間(受講期限の延長が認められた場合にあっては、当該期間) に該当する者
posted by DK at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 消防関係資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消防整備士 - 国家資格 -

消防整備士 - 国家資格 -

○消防設備士になるには
消防設備士になるには、 消防設備士試験に合格し、知事から免状の交付を受ける必要があります。消防設備士試験は、 工事、整備又は点検のできる甲種と、整備又は点検はできるが、工事のできない乙種とに分かれ、 次の12種類の試験があります。
1 願書配布場所 地区により異なりますので各最寄の消防署へお問合せ下さい。
2 受 験 資 格 甲種 有
乙種 学歴、経験などの制限はありません。
受験資格、試験科目などの詳細は、(財)消防試験研究センターへお問合せ下さい。
試験区分 工事又は整備を行うことができる消防用設備等の種類
甲種第1類 屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、 水噴霧消火設備又は屋外消火栓設備
甲種第2類 泡消火設備
甲種第3類 二酸化炭素消火設備、 ハロゲン化物消火設備又は粉末消火設備
甲種第4類 自動火災報知設備、 ガス漏れ火災警報設備又は消防機関へ通報する火災報知設備
甲種第5類 金属製避難はしご、 救助袋又は緩降機
乙種第1類 屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、 水噴霧消火設備又は屋外消火栓設備
乙種第2類 泡消火設備
乙種第3類 二酸化炭素消火設備、 ハロゲン化物消火設備又は粉末消火設備
乙種第4類 自動火災報知設備、 ガス漏れ火災警報設備又は消防機関へ通報する火災報知設備
乙種第5類 金属製避難はしご、 救助袋又は緩降機
乙種第6類 消火器
乙種第7類 漏電火災警報器
免状の交付、 免状の紛失等による再交付及び本籍、氏名の変更による免状の書換え及び写真の10年経過による書換えは、 (財)消防試験研究センターで行っています。

実技もペーパー試験ですが記述式になっています。
消防の法令関係は類に関係なく範囲は同じです。
実技の内容は(6類だと)
カラー写真が示されて 消火器の種類を答える、必要な工具名を答える、
部品の用途などを答える・・・・ などで男性であればそんなに抵抗なく
常識で答えられるようです。

需要という点でいうなら、
施工することが出来る「甲種」にするか(6類には甲種はないです
点検整備の資格が別にありますので、そちらの方が実用的だと思います。

 

私は、電気工事士持っていたので、甲4からスタートし、乙7、乙6、甲1、甲5、 甲3と順に
取得してきました。次に甲2受験予定です。
(講習受講を考えて取得順を考えています。
取得後の定期講習は、甲1・2・3は同じ講習、甲4・乙7も同一、甲5・乙6も同一、
今はこれに特類の4種類の講習になっています。

posted by DK at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 消防関係資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 資格ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。