[PR] 競馬 Get the License 資格を取ろう!: ハンググライダー
よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 資格ブログ 資格取得ガイドへ にほんブログ村 資格ブログ 趣味目的へ にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

2008年07月04日

ハンググライダー

ハンググライダー

ハンググライダーは趣味、競技で行うスカイスポーツ (競技)|スカイスポーツ?であり、 また飛行に使用する機体自体を指す。搭乗者がベルトに吊り下がった(hang)状態でグライダー(glider)に乗り滑空することから、 ハング (hang) グライダー (glider) と呼ばれる。連続した「グ」の片方が欠落し、 ハングライダーと表記されることもある。

同様に滑空を楽しむものには、グライダー?や、 パラシュートが進化したようなパラグライダー?がある。

==概要== 機体は20 キログラム|kg?から40 kg程度で、人間一人の力で持ち上げることができる。搭乗者はベルト?などで機体の重心付近に繋がれる。

搭乗者は機体を持ち上げたまま斜面を駆け下りる。機体の滑空比が斜面の傾斜より浅いため、5 メートル|m?程度の助走で離陸する。 上昇気流?を利用しながら飛行を楽しんで、 (多くの場合は)山の麓に用意してある着陸場に着陸する。巡航速度は20 時速|km/h?から80 km/h程度。滑空比は7から16程度。着陸のときは速度をぎりぎりまで落として、フレアー操作(後述)とともに足から降りて、 グライダーは搭乗者が自力で保持する。

機体は折りたたみ式のものが多く、直径50 センチメートル|cm?・ 長さ5mほどの筒状になる。通常は自動車|乗用車?の屋根に積んで運搬する。

航空法上は資格は不要だが、多くのフライトエリアでは(社団法人)日本ハング・ パラグライディング連盟発行のライセンスの携行及びフライヤー登録を義務付けている。

ハンググライダーは、構造によってクラス1からクラス5に分類されている。

免許・資格

posted by DK at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンググライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 資格ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。